乗ってみないことには分からん

現行のハーレーが興味の対象じゃない。そう言ってしまうと語弊を招きそうなので訂正しておこう。ただ単に自分の好みと合わないと思うだけで、決して悪いバイクだとは思ってはいない。なので誰かが現行ハーレーに乗っていたとしても「あんなのハーレーじゃない」なんて思うことは無い。

いるんだよなぁ、現行ハーレーに興味が無いと言うと、古いハーレー信者と思われてしまうのだ。そりゃあ、自分がどっちが好きかというと古いハーレーだ。でも、だからといって好きでないものが嫌いとは限らないではないか。良いものは良い、それ以外のものは可も無く不可も無いといった具合だ。別に指差し笑ったりけなしたりすることはしない。ま、中にはそういう信者もいるのは確かだがね(苦笑)。

正直、僕は現行ハーレーにこれまで乗ったことが無い。まぁ、V-rodとスポーツスターモデルは乗ってみたことがあるが、ビッグツインモデルのツインカム88以降のモデルは未体験だ。なので否定しようにもできないというのもある。乗ってみたら意外と「あれ? 面白いじゃないか!」って感じるかもしれない。逆に「やっぱり合わないな」となるかも知れない。

結局のところ、乗ってみないことには好きか嫌いかも判断できない。よって可も無く不可も無いといった意見を僕は持っているとも思える。もし試乗もしたことも無く現行ハーレーを否定している人がいるとしたら、そりゃあ良いライダーとは思えないね。

現行ハーレーを試乗しに行こう

ま、そんなわけで、自分が現行ハーレーに対してどう感じるのか最近は気になってしょうがないわけだ。で、避けていたというわけではないのだが、これまで乗ってこなかった現行ハーレーを体験してみようと試乗することに決めたのだった。

中々バイクってのは試乗する機会が少ないものなのだが、ハーレーはその中でも割とお気軽に試乗することができる。高級車の癖に大型超代表的ブランドなので、そこらじゅうにディーラーがある。「試乗したいんですけど」と、軽い気持ちで声かけても「どうぞどうぞ!」と試乗させてくれる。で、そのまま流れで契約、なんてのも少なくないだろう(苦笑)。

現行から落ちてしまったモデルの試乗は難しいかもしれないが、現行ラインナップ中のモデルであれば、ほぼ乗れるだろう。現行モデルから自分が乗ってみたいと思うハーレーを挙げると、ロードキングにソフテイルスリム、それからスイッチバック、とりあえずこの3モデルは確実に乗りたい。欲しいってわけでは無いが、もし「現行から1台プレゼントするよっ」なんて言われたとしたら、この3モデルが思い浮かんだからだ。あぁ、マジでプレゼントしてくれないかなぁ…… 宝くじが当たるでも良い(笑)。

後は、フル装備のウルトラやら、スポーツスターも883と1200を乗り比べたりもしてみたいね。色々乗れば、新たなハーレーの見方ができてくるだろうからな。何事も経験だ。